Article

        

ドルトムントとバイエルン、ドイツサッカーの盟主の座はどちらの手に!ブンデスリーガ28節:ブックメーカーオッズ

2017/ 04/ 07
                 
46kagawa.jpg


4月7日(金)から9日(日)にかけてドイツブンデスリーガ第28節が開催されます。

ブックメーカー「Paddy Power」がブンデスリーガのシーズン終盤を占う戦いの勝敗オッズを発表しているのでご紹介いたします。

ブンデスリーガオッズ


※オッズは4月6日22時現在(日本時間)

注目の一戦はバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントが対決するドイツのナショナル・ダービーである「デア・クラシカー」です。昨年11月にドルトムントで行われた際にはエース、ピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールでドルトムントが1-0の勝利を収めました。
ドルトムントからするとルールダービーから一週間で迎えるデア・クラシカーとなり、まさにビッグゲーム続きと言える状況です。

そんな激戦の鍵を握るのはなんといっても香川真司でしょう。今季はトゥヘル監督との不仲も噂され、また若い有望な選手を多く保有するチーム事情もあってベンチが定位置になりつつありましたが、1-1で引き分けた先日のルールダービーでは勝ち点1を呼び込む1アシスト、3-0で勝利した次のハンブルガーSV戦では1ゴール1アシストとまさに絶好調。ファンから契約延長を求める声も高まっており、シーズンの追い込みの時季にチームを高みへ牽引する大活躍を見せています。

現在4位のドルトムントと首位バイエルンとの差は15ともはや逆転は不可能に近い状況ですが、2位RBライプツィヒとはわずか5で2位との差は十分射程範囲内にあります。チャンピオンズリーグ本大会出場のためにも、何としても順位を上げたいところです。

対するバイエルン・ミュンヘンはリーグ戦はほぼ手中に収めている状況に加えて、レアル・マドリッドと対戦するUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝を控えていることからターンオーバー制を採用してくる可能性もあるでしょう。とはいえダービーの勝敗はやはりリーグ順位とは関係なく重要なもの。選手の意欲は高いはずです。特にドルトムントのオーバメヤンと得点王を争うバイエルンのレバンドフスキ(元ドルトムント)としては、古巣相手であるのに加えて得点王争いのライバルとの直接対決となり、気合の入ったプレーをみせてくれるはずです。

多くのブックメーカーも注目するドイツ最高の戦いをぜひお見逃しなく!

<ブックメーカー関連ページ>
Paddy Power概要
Paddy Power登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【bet365】牝馬三冠初戦「桜花賞2017」:無敗馬ソウルスターリングがブックメーカー単勝オッズ1.72倍で一番人気!アドマイヤミヤビがあとに続く

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第87話:マスターズゴルフ2017開幕!松山英樹が今季メジャー大会で優勝するオッズは5倍とブックメーカー発表!!池田勇太と谷原秀人にも期待

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/
                         
                                  

コメント