FC2ブログ

Article

        

清水か甲府か!?残留を賭けた間接的富士山ダービーが勃発・・・J1最終節:ブックメーカーオッズ

2017/ 11/ 29
                 
富士山ダービー2


いよいよ1年間の決着を迎える日が近づいてきたJ1。最後の1枠となった残留を争う清水エスパルスとヴァンフォーレ甲府は、その試合結果によって天国と地獄に分けられることとなります。そんな厳しい一戦の勝敗オッズをブックメーカー「NetBet」が発表していますので、ご紹介していきます。


J1最終節オッズ

※オッズは11月28日13時現在(日本時間)


今季昇格してきたばかりの名門・清水エスパルス。小林伸二監督のもと1年でのJ1復帰を達成し、今年は10位を目標に戦いを続けてきました。鄭大世やチアゴ・アウベスといったクオリティの高い選手を擁しながらも怪我人が続出。中盤の要・河井陽介をも怪我で欠いたことも大きく響き、残留争いの渦に巻き込まれることとなりました。

33節は前半2点リードで折り返すものの、降格がすでに決まっている最下位新潟に後半3点を決められまさかの敗戦。勝てば残留が決まる場面だっただけに、その精神面の弱さを露呈してしまっています。


富士山ダービー3


対するヴァンフォーレ甲府は同じく残留戦線を戦う大宮アルディージャを相手に0-0で引き分け、大宮の降格を決定づける結果となりました。残り1枠の残留枠を、富士山を挟んだライバル関係にある清水と争うこととなっています。現在勝ち点の差は2。得失点差は清水が-20なのに対して甲府が-17と、甲府が優勢となっています。甲府は勝利が求められますが、甲府が勝利した場合、清水は引き分けでは逆転されてしまうこととなります。

最終節、清水はアウェーで9位のヴィッセル神戸と、甲府はホームで11位のベガルタ仙台と戦います。ブックメーカーの勝敗オッズは清水勝利が2.95倍で敗戦が2.30倍、甲府勝利が1.80倍で敗戦が4.25倍となりました。来季も日本のトップリーグで戦いを続けることができるチームはどちらとなるのでしょうか。

#ブックメーカー #J1 #残留

<ブックメーカー関連ページ>
NetBet概要
NetBet登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【188BET】ヒーロー・ワールドチャレンジ2017:昨年Vの松山英樹はブックメーカー発表の優勝オッズで7番手!タイガー・ウッズも参戦

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第119話:賞金王は誰の手に?ゴルフ男子国内ツアー最終戦「日本シリーズJTカップ2017」 の優勝オッズをブックメーカー発表

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/

                         
                                  

コメント