FC2ブログ

Article

        

史上最も激しい残留争い!5クラブが最後の最後までJ1残留を競ってしのぎを削る展開に・・・J1最終戦:ブックメーカーオッズ

2018/ 11/ 28
                 
残留


12月1日にいよいよ最終節を迎えるJ1。

今年は最終節に至っても降格の可能性があるクラブがまだ5クラブもあるという、史上まれに見る大混戦となっています。

勝ち点41で12位の横浜Fマリノス、同41で13位のジュビロ磐田、同40で14位の湘南ベルマーレ、同40で15位のサガン鳥栖、同40で現在J1参入プレーオフ出場圏内となっている16位の名古屋グランパスの5クラブです。

本来ならばもっと上位に位置していてしかるべきな強豪クラブも多く残る今年の残留戦線最後の一戦。

ブックメーカー「bet365がその勝敗オッズを発表していますので、ご紹介していきます。

bet365.png


オッズ

※オッズは11月25日23時現在(日本時間)

<bet365登録方法>

「J1最新オッズ情報」by bet365


【関連記事】
【Marathonbet】Jリーグ2018優勝展望:混戦必至!ブックメーカーは浦和と鹿島を優勝候補筆頭に、川崎とC大阪もオッズ僅差で2番手に


順位


まず厳しいのは、王者川崎フロンターレに挑むジュビロ磐田と、AFCチャンピオンズリーグ出場のためには勝利が必要な鹿島アントラーズと当たるサガン鳥栖の2クラブでしょうか。

どちらもアウェーということもあり、勝利は難しい状況。敗れるにしても得失点差を考慮し、なるべく最少失点差で押さえたいところです。

ホームで9位セレッソ大阪を迎える横浜Fマリノスは組み合わせの上では有利といえるかもしれません。

一番の注目は残留争いのライバル同士の対戦となる名古屋グランパスと湘南ベルマーレの一戦。

敗れたチームは限りなくJ1参入プレーオフ出場に近づいてしまうため、どちらも死に物狂いで勝利をつかみに来ることでしょう。

ブックメーカーのオッズは名古屋勝利が2.04倍、引き分けが3.40倍、湘南勝利が3.50倍となっています。

#ブックメーカー #J1 #残留争い


<ブックメーカー関連ページ>
bet365登録方法
bet365登録方法(スマホ)
※2018年10月10日より「ブックメーカー情報局」で紹介を再開しました!

<2018年のスポーツカレンダー(日程)>
2018年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【bet365】ジャパンカップ2018:牝馬3冠アーモンドアイが2.00倍でブックメーカー1番人気!対抗は4.50倍でスワーヴリチャードか?

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第164話:ATPファイナルズ2018初戦で錦織圭がロジャー・フェデラー撃破!ブックメーカーの優勝オッズも4番手10倍に上方修正

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
インスタグラム:https://www.instagram.com/kiyotamiyoshi/
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/
                         
                                  

コメント