Article

        

イングランドとスコットランド。古代から続く対立に終わりはあるのか。ワールドカップ欧州予選第6節:ブックメーカーオッズ

2017/ 06/ 05
                 
06-05-1.jpg


ワールドカップ欧州予選第6節が6月9日(金)から11日(日)にかけて開催されます。折り返しを迎えるロシアへと続く道。ブックメーカー「ピナクル」がその行く先を占うオッズを発表していますので、ご紹介していきます。


06-05オッズ

※オッズは6月4日23時現在(日本時間)

スコットランド対イングランド、宿命の対決!

06-05-3.jpg


注目はやはりスコットランド対イングランドの対決でしょう。ブックメーカーのオッズはイングランド勝利が1.719倍、スコットランド勝利が5.870倍となりました。近頃はEUからのイギリスの離脱、いわゆるブリクジットの問題で対立する両国。EUから抜けたいイングランドと残留したいスコットランドで議論が続いています。スコットランドはイギリスからの独立を主張する勢力も強い地域です。


06-05-4.jpg


古くは古代ローマの時代から、イングランドとスコットランドは戦いを続けていました。現在の国境付近にある、皇帝ハドリアヌスが建造した「ハドリアヌスの長城」に象徴される両国の対立関係。今回の対戦はその代理戦争となるはずです。

グループFは混戦模様
両国の所属するグループFは現在イングランドが勝ち点13で首位。勝ち点9のスロバキアが2位、勝ち点8のスロベニアが3位、そしてスコットランドが勝ち点7で4位につけています。スコットランドは順位こそ首位から離れているものの、この直接対決を制すればその差は3に。十分逆転可能なラインに達します。


ルーニー落選のサプライズも。

06-05-1.jpg


イングランドは、長年主将として代表を支えてきたウェイン・ルーニーが落選しました。代わりにクラブのチームメートであるマーカス・ラッシュフォードを選出。世代交代を感じさせるものとなりました。ギャレス・サウスゲート監督のこの決断が凶と出るか、吉と出るか。戦いの行方が注目されます。

#ブックメーカー #ワールドカップ #ルーニー

<ブックメーカー関連ページ>
ピナクル概要
ピナクル登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【bet365】安田記念2017:7枠15番イスラボニータがブックメーカー単勝オッズで3.25倍の1番人気!絶好調のルメール騎手とのコンビでVなるか?

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第94話:レアル・マドリード連覇か?ユヴェントスが阻止か?UEFAチャンピオンズリーグ2016-2017決勝のブックメーカー発表オッズは?

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/

                         
                                  

コメント