Article

        

ジエゴ・コスタも欧州に別れを告げるのか。古巣帰還、はたまたイタリア行きの可能性も。ジエゴ・コスタ移籍先:ブックメーカーオッズ

2017/ 06/ 14
                 
costa2.jpg


昨シーズンの不振から立ち直り、見事プレミアリーグを制したチェルシー。そのチームをエースとしてけん引したのがジエゴ・コスタです。今シーズン20ゴールを決め、リーグ得点ランクは4位につけています。まだ28歳と若い同選手ですが、近頃は移籍の噂が絶えません。ブックメーカー「Paddy Power」がこのスペイン代表FWの未来を占うオッズを発表していますので、ご紹介していきます。


costaオッズ

※オッズは6月13日23時現在(日本時間)


中国の新たな爆買いターゲットになるか?

oscarcosta.jpg


ブックメーカーの挙げる1番手は中国移籍でオッズは3.60倍。チェルシーで同僚だったオスカルが熱心に中国へコスタを誘っているようです。中国に移籍すれば年棒額も跳ね上がるでしょうし、すでに中国でプレーしている選手たちからよい話を聞けば、そちらに心が揺らぐこともあり得るかもしれません。とはいえ、ロシアワールドカップに出るために中国にはいかない!と明言したとの報道もあり、まだ何とも言えないところでしょう


コンテから三下り半

costaconte.jpg


チェルシー残留は3番手。オッズは5.00倍となりました。監督といさかいをたびたび起こすコスタですが、コンテ監督とも同じ道をたどるようです。なんと、コンテ監督から直接「君は私の構想に入っていない。」とテキストメッセージを送られたとのこと。よほどのことがない限り、残留の道を選ぶことはないはずです。


古巣への復帰も視野に

costaatleti.jpg


4番手に9.00倍で古巣アトレティコ・マドリッドの名前が挙がりました。以前移籍するならアトレティコに限ると発言しており、実現する可能性は大いにありそうです。

カギを握るのはアトレティコの現エース、グリーズマンの動向でした。彼が移籍するとなれば、その穴埋めにコスタは最適な存在となったでしょう。もちろんアトレティコがスポーツ仲裁裁判所の戦力補強禁止処分を回避することができれば、の話ですが。しかし、グリーズマンが2022年まで契約を延長したことで、獲得の可能性はかなり低くなったとみていいはずです。


ミラノダービー!?

milanoderby.jpg


ここで浮上するのは不遇なシーズンを送り続けているミラノの両名門、インテルとミランでしょう。優勝はおろか、欧州の舞台にさえ満足に立てない現状に、大規模な改革が行われることはどちらも必至。ともに中国資本のおかげで資金に不足はありません。ジエゴ・コスタの新たな行き先がイタリアになっても不思議ではありません。ミラン移籍のオッズは2番手の2.25倍、インテルは5番手の17.00倍となっています。

#ブックメーカー #ジエゴコスタ #チェルシー

<ブックメーカー関連ページ>
Paddy Power概要
Paddy Power登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【ピナクル】全米オープンゴルフ2017:ブックメーカー発表の優勝オッズで世界ランク4位の松山英樹は9番手タイの29倍!メジャー初制覇なるか?

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第96話:ル・マン24時間耐久レースでトヨタが悲願の初制覇なるか?ブックメーカー発表のオッズで中島一貴のチームが優勝候補筆頭に!

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/

                         
                                  

コメント