Article

        

サッカー界に激震!ロナウドは本当にマドリードを去るのか・・・ロナウド移籍先:ブックメーカーオッズ

2017/ 06/ 20
                 
ronaldo1.jpg


まさかの移籍騒動勃発
リーガ制覇、欧州チャンピオンズリーグ連覇を達成し、至福のシーズンオフを迎えたはずのレアル・マドリードに、驚天動地の事態が勃発しました。絶対的エースであるクリスティアーノ・ロナウドが移籍を志願したというのです。きっかけは彼の脱税疑惑。パパラッチに加えて検察にも追われることになったロナウドはスペインの生活に疲れ果ててしまったと伝えられています。世界最高のプレーヤーの1人の突然の移籍騒動。その行く末を占うオッズがブックメーカー「Paddy Power」から発表されていますので、ご紹介していきます。

ロナウド移籍オッズ

※オッズは6月19日23時現在(日本時間)


税金肩代わりを条件に残留か?

ronaldoperez.jpg


情報が錯綜している中、ロナウドがレアルに脱税の罰金を肩代わりすることを残留条件に提示したとの報道がありました。その額はなんと2800万ユーロ(約35億円)にも達するとのこと。この報道が真実だとしたら、ロナウドの残留のカギを握るのはフロレンティーノ・ペレス会長の損得勘定次第といったところでしょうか。ロナウド売却による利益、それによって購入できる新戦力、アセンシオやイスコといった若手選手たち。それらでロナウドの穴を塞ぎきれるとペレス会長が判断したならば、ロナウドとレアルの別れの時が訪れるかもしれません。レアル残留のブックメーカーオッズは1.20倍となっています。


古巣は復帰を熱望

fergusonronaldo.jpg

2009年までロナウドが所属したマンチェスター・ユナイテッドは彼の復帰を強く求めています。つけられたオッズは5.00倍。恩師と仰ぐサー・アレックス・ファーガソン元監督に相談したとも伝えられている状況。マドリードを出るとしたら、やはりマンチェスターに戻る選択肢が第一に挙がるはずです。


ケイマン諸島に移籍!?

taxhaven]

目を引くオッズ5001.00倍の文字。タックスヘイブンとして有名なケイマン諸島のクラブへの移籍もオッズが挙げられています。今回の移籍騒動のきっかけが脱税問題とあって、この西インド諸島に浮かぶイギリスの海外領土が候補に挙げられたようです。いわゆるブリティッシュジョークの類でしょうか。

#ブックメーカー #ロナウド #移籍

<ブックメーカー関連ページ>
Paddy Power概要
Paddy Power登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【10Bet】ロイヤルアスコットミーティング2017:ヨーロッパ最大5日間の夏競馬イベントのG1レース単勝オッズをブックメーカー発表!

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第96話:ル・マン24時間耐久レースでトヨタが悲願の初制覇なるか?ブックメーカー発表のオッズで中島一貴のチームが優勝候補筆頭に!

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/
                         
                                  

コメント