Article

        

残留か、移籍か。イタリアの未来はどこに向かう?・・・ドンナルンマ移籍先:ブックメーカーオッズ

2017/ 07/ 04
                 
ドンナルンマ2


先日行われたU21ユーロでもその高い評価を裏付けする活躍を見せたイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ。弱冠18歳にしてA代表のゴールも守るこの超逸材を巡るバトルが今年の移籍市場を彩っています。ブックメーカー「Paddy Power」がドンナルンマの移籍オッズを発表していますので、ご紹介していきます。

ドンナルンマオッズ

※オッズは7月3日23時現在(日本時間)


17歳でACミランの守護神の座を勝ち取った”新たなるブッフォン”

ドンナルンマ3

ACミランの下部組織で育ち、15歳で初めてトップチームのベンチ入り。16歳でプロデビューを飾り、17歳で正ゴールキーパーの座を勝ち取った神童、それがドンナルンマです。同じジャンルイジの名を持つ、ジャンルイジ・ブッフォンを彷彿とさせる早すぎるサクセス・ストーリー。それもドンナルンマが「イタリアの未来」と呼ばれる所以の一つでしょう。


代理人ミーノ・ライオラが引き起こす混乱

raiola.jpg

ドンナルンマは2018年シーズンで切れるACミランとの契約を更新しないことを発表し、ミラニスタを悲しみのどん底に突き落としました。彼の抱える問題は、代理人がミーノ・ライオラだということ。あまりにも金銭中心で交渉を進めるために、同業者からも苦言を呈されることが多い人物です。顧客にマリオ・バロテッリやズラタン・イブラヒモビッチなどクラブとトラブルを起こしがちな選手が多く、一部のクラブからはライオラは出入り禁止になっているほどです。


残留か、レアルか

ドンナルンマ‘4

ミラニスタの絶望は深く、U21の試合中にゴールを守る彼にニセ札の束を投げつけ、怒りを表すほど。そんなミラニスタの最後の希望はドンナルンマがライオラ解雇を検討しているという一部の報道。もしそうなれば残留の目も見えてくるはずです。そうでなければ一番お金を出すクラブに移籍することとなるでしょう。その一番手はやはりレアル・マドリード。抜群の資金力に加え、フロレンティーノ・ペレス会長がゴールキーパー補強に執心しているというのは公然の噂です。ブックメーカーのオッズではACミラン残留が1.22倍、レアル移籍が3.00倍となっています。

「神童も20歳超えればただの人」という言葉もありますが、まだ18歳のドンナルンマにとって将来を大きく左右する選択となることでしょう。まだ幼いといっていい年齢なだけに、選択を誤れば平凡な選手になり下がる可能性も。その潜在能力は史上最高といってもいいレベルなだけに、慎重に検討してもらいたいところです。

#ブックメーカー #ドンナルンマ #ミラン

<ブックメーカー関連ページ>
Paddy Power概要
Paddy Power登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【ピナクル】ウィンブルドンテニス2017:フェデラーが優勝候補筆頭!錦織圭の優勝オッズは110倍と苦戦か?ブックメーカーがオッズ発表

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第98話:ツール・ド・フランス2017は総合優勝争いだけではない!ブックメーカー発表の様々なオッズから104回目のツールの楽しみ方を明かす

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/
                         
                                  

コメント