Article

        

本田の移籍先?!シアトルはアウェーでコロラドに挑む・・・MLS第19節:ブックメーカーオッズ

2017/ 07/ 05
                 
honda2.jpg


7月5日(水)から7日(金)にかけて開催されるMLS第19節。注目は西地区8位のシアトル・サウンダース。今節はMLS初の日本人選手木村光佑がかつて所属していたことで日本でも知られる、同地区9位のコロラド・ラピッズと対戦します。ブックメーカー「NetBet」がMLS第19節の勝敗オッズを発表していますので、ご紹介していきます。

MLSオッズ

※オッズは7月4日23時現在(日本時間)


本田圭佑の移籍先となるか

seattle.jpg

シアトルが注目される一番の理由。それは本田圭佑の移籍先となると噂されているからです。本田は現在アメリカ、ロサンゼルスでトレーニング中。それはMLSクラブとの交渉のためではないかとされています。

ACミランとの契約を終了し、初めてフリーの立場となった本田圭佑。来シーズンに向けてなるべく早いうちに次の所属先を見つけることが肝心です。トルコのガラタサライやトラブゾンスポル、スペインのラスパルマスやレバンテといったクラブからの関心も伝えられている現状。しかし、引退後のスポーツビジネスに強い関心を持ち、今でもすでにオーストリア2部のホルンや、自身のマネジメント事務所の運営に携わっている本田。それだけに、世界一のスポーツビジネス大国であるアメリカでの挑戦は興味深いものであるはずです。


冬にもシアトル移籍の噂が立つ

honda1.jpg

2017年冬の移籍市場でもシアトルが獲得を希望しているとの噂が立ちました。その際にはACミラン側が拒否したことで破談となりましたが、シアトルは今でも本田を追跡し続けているようです。近年小林大悟や工藤壮人といった日本代表経験者もMLSに移籍をしていますが、本田クラスはこれまで皆無。もし移籍が実現すれば、日本のサッカー史にも新たな一ページが刻み込まれることになりそうです。


オッズはコロラド有利
ブックメーカーのオッズはシアトル勝利が2.80倍に対し、コロラド勝利が2.50倍となりました。本田が加入するかもしれないシアトル。その戦いぶりをブックメーカーを通して確認してみるのも一つの楽しみ方ではないでしょうか。

#ブックメーカー #本田圭佑 #移籍

<ブックメーカー関連ページ>
NetBet概要
NetBet登録方法

<2017年のスポーツカレンダー(日程)>
2017年スポーツカレンダー(日程)

<ブックメーカー決済サービス一覧>
Neteller(ネッテラー)・Skrill(スクリル)に代わる主な決済サービス一覧

<「ブックメーカー情報局」最新記事>
【ピナクル】ウィンブルドンテニス2017:フェデラーが優勝候補筆頭!錦織圭の優勝オッズは110倍と苦戦か?ブックメーカーがオッズ発表

<ブックメーカーポッドキャスト>
【ポッドキャスト】第99話:ウィンブルドンテニス2017男子S決勝は錦織圭対ロジャー・フェデラー?ブックメーカーでテニスを楽しむ秘訣

【ブックメーカー情報局】
ホームページ:http://bookmaker-info.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/bookmakerinfo
ツイッター:https://twitter.com/Bookmaker_Info
YouTube:https://www.youtube.com/user/BookmakerChannel/
                         
                                  

コメント